普段から化粧が重い朝

始まりのスタートの狭間
ダイエット

想像力ダイエット

接客業をしていて毎日いろんなお客様に会います。きれいなお客様や可愛いお客様、中には強烈なクレーマーにも遭遇します。

そんな時に思うのはクレーマーは美しくないということです。どういうわけか、かなりふくよかな方が多く、服がはち切れそうなくらいお肉がついている方も見受けられます。
着圧レギンス・タイツをおすすめランキングで紹介

そんな大きな体で理不尽なことをまくしたてられればこちらもあまりいい気持ちはしないわけですよ。そんな時心の中で「こうはなりたくない!」と強く思うのです。ストレス解消で甘いものを食べたくなるところですが、クレーマーの体についたタプタプのお肉を想像すると「ああなりたくない!」と我慢できます。

暴飲暴食をしたいと思った時も、「きっとあの人たちは、好き放題食べてるから、あんなふうになるんだろうな」と想像して自分を律します。

こんな風に他人のことを思うのはいけないと思いますが、悔しさをバネにするのは効果てきめんです。

また逆にきれいな方の行動を見て、「この人は暴飲暴食しないんだろうな」「スイーツも少しだけ、味わって上品に食べるんだろうな」と想像して自分も美人のつもりで真似てみたりします。

「こんな風になりたくない」「あんな風になりたい」そう思い想像することがダイエットが上手くいくコツだと思います。